濃紺の雪。

何気なく過ごす毎日を。
  ◇ スポンサーサイト    --------- --.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- * スポンサー広告 * TB(-) * CM(-) * Top↑
  ◇ 君の声が、頭から離れないんだ。    2006-01-24- Tue.
そんな忍足中毒状態。
…というのはまぁ冗談ですよ。多分。(多分て)

昨日、友人に長い間お借りしたままだったゲームを返しました。
『テニスの王子様 Rush&Dream』(結局テニス)
千里さん、本気で長い間有難う御座いました。
お陰様で忍足も跡部も樺地君も(彼だけ何故君付け)、
20万以上の親密度でクリアする事が出来ました。

―と報告したら、ありえないと言われました。数値がおかしいそうです。
…そんな、難しくはないと思うのですが…。
試合に勝つ方法を伝授してくれと言われたので、では。と。
とりあえず、千里さんが見ていないと仰っていたイベントデータと学プリ幸村EDを持って、
千里さんには私が見れなかった学プリのデータ(忍足とか忍足とか)をご用意頂きまして。
授業終了後、お返しするゲームと共に、千里さんの所に押しかけました。
途中参戦に雛衣さん&葛城さんを交えつつ。
ゲーム大会開始。


まず、忍足を見せて頂きました。
檀君と主人公が、木に引っかかったプリントに困っていたら、
忍足が爽やかに現れてプリントを取ってくれるというお話。(脳内捏造中)
岳人に突っ込まれる忍足に笑いました。
…というか、見ていて岳人と同じ突っ込みしましたよ鴇真は。
後、私が何回やっても見れなかった、
千石と不二と忍足(何この微妙な面子)の女の子ウォッチング。
女の子の脚やら指やらを見て、
脚が細すぎるとか、指の動きに優雅さが無いとか…
その現場を主人公の女の子が目撃して逃げちゃう、というやつだったんですが。
…や、あのですね。忍足の脚フェチは知っていました。勿論。
ゲーム中にも、脚の綺麗な子が好みだとか、スカートから覗く脚がとか、
氷帝の制服はそこんとこ、長さがいい感じだとか。ぶっちゃけもろ変態チック。
挙句の果てには主人公に
「自分はちょっとスカート長すぎやで。綺麗な脚しとんのに。」(確かこんな…?)
などとセクハラちっくな発言をして、主人公に親父くさいだかなんだかと言われていました。(これ、千里さんは見てないらしいのです。ね?)
…ので、忍足は…まぁ納得です。
けど…なんですか。不二はいつから指フェチになったのですか。
っていうか優雅さって…優雅な動きって何ですか…っ?!
そんな風に思いつつ、なんだか物凄い笑ってました。面白かったので。
他にも跡部の千石に対する、
「他の女に優しくしすぎて、本命に気付いて貰えない」発言とか、
不二の大魔王様に相応しい腹黒っぷりとか、
大魔王に逆らう事が許されない可哀想な裕太君のEDとか。
色々見せて頂きました。堪能堪能。感謝です。
鴇真の学プリは幸村EDだけ。あの、さらさらっと酷いさり気無く腹黒いのを、
千里さんに見て頂きました。

そして、Rush&Dream
千里さん曰く試合に勝てないとの事。
ゲーム中の3月3日(…だっけ?)の練習試合後か何かでわかれる主人公のタイプが、
パーフェクト、天才…なんだっけ、一般気質?とか落ちこぼれ、気まぐれ等、
幾つかある中の、鴇真はひたすらパーフェクトだったのですよ。
試合負けなしだったので。合同練習はミスしないのだけやってましたし。
…けれど、千里さんはこのパーフェクトタイプを見たことが無かったとの事なので、
パーフェクトタイプで3月4日に発生する「絆」イベントをお見せしました。
…跡部だけ。(他は残ってない)
や、他の人はイベントらしいイベントではなかったので。
だって跡部だけ姫抱っこで医務室まで主人公を運んじゃうんですもの。
他の人はそんなシーン欠片も無いのに。
宍戸の「絆」イベントなんて、倒れて気がつくと既に医務室。
…え、跡部様別格?
……ま、跡部だしね!(何それ)

そして、何故勝てないのか。むしろ何故鴇真が勝てるのか、という事で。
千里さんのデータでゲーム開始。
…うん別に普通に…。えっと…全勝…。
と言ってもクリアまでしませんでしたが。最後の試合は千里さんに託しました。
そういえば今回、成り行きでどうやら宍戸狙い。でもきっとこれ親密度低い。
だって買物イベントは鳳だったし、慢心イベントは樺地君だったし。
宍戸のイベント、見てないねー?
とか話していたのですが案の定。
本日千里さんのブログ覗かして頂いたら、4万…。
ふむ…何がいけなかったのか…なんて、大体予想はつきますが。
だって今思い出してみたら鴇真、今回試合の時、
主人公が宍戸との特訓で覚えた必殺技未使用ですし。
久々チャレンジの合同練習はミスだらけでしたし。
そのせいで天才タイプになってしまったのもおそらく。
…親密度が上がらなかったのはそんな要因が考えられます。
というわけで、再チャレンジで吉川とかいう奴(嫌い)に負けてしまっても、
めげずにベストパートナー度20万超え目指して下さい。千里さん。
吉川を見返してやるのですよ!!
結果報告、再びお待ちしています。
頑張って下さいね。学プリでもRushでも、
鴇真でわかることならお助けいたしますから。

では、やたらと長い(長すぎ)もろに身内話なここまで、
お付き合い下さった方、どうも有難う御座いました。
スポンサーサイト
23:46 * 日常の一コマ。 * トラックバック : 0 * コメント : 0 * Top↑
 ← 甘い囁きは、時に心を麻痺させるHOME偶然は、必然の如く意味を成すのか。






 
 管理者にだけ表示

 ≡ Trackback
* この記事のURL
  ⇒ http://aquarain.blog36.fc2.com/tb.php/18-684c847c

HOME
Copyright © 2017 濃紺の雪。, All rights reserved.
  

photo / Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。