濃紺の雪。

何気なく過ごす毎日を。
  ◇ スポンサーサイト    --------- --.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- * スポンサー広告 * TB(-) * CM(-) * Top↑
  ◇ 一方でもなくなれば、もうそれは成立しなくって。    2006-03-12- Sun.
光と闇。
光がなければ闇は存在しなくて。
闇がなければ光も存在しないのだろう。

心の闇と戦うリク(…ん?リクだっけ…?)は、あれですね。
使いにくいですね
…や、えっと。某王国ゲーム。(わからない)
弟のSPを借りてやっていたんですが…
やりにくい。
や、むしろ戦闘方法が向いてなかった模様で。
敵に攻撃があたらなくてどうしようかと思いました。
キングとか言って、あの有名なネズミさんが出て来た時には、
思わず噴出していましたしね。
笑うとこあったか…?と、弟に訝られながらやっていました。

や、うん…面白かったです。多分。(多分て何)
スポンサーサイト
22:38 * 日常の一コマ。 * TB(-) * コメント : 0 * Top↑
 ← どんなに願っても別れは常に隣にいるの。HOMEその声がただ、愛しくて。






 
 管理者にだけ表示

HOME
Copyright © 2017 濃紺の雪。, All rights reserved.
  

photo / Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。