濃紺の雪。

何気なく過ごす毎日を。
  ◇ スポンサーサイト    --------- --.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- * スポンサー広告 * TB(-) * CM(-) * Top↑
  ◇ 流れた透明な雫に、息をのんで。    2008-07-06- Sun.
言葉にしたところで今更、
どうにもならないと…思い知ったんだ。

それでも暑いと呟かずにはいられません。
無理。暑い。

朝、暑さに目を覚まし、扇風機を出そうと決意。
…したまま再び浅い眠りにつき目を覚ましぐだぐだ。
そして漸く行動に移した午後、扇風機の汚さにいきなりめげる。
…引越しの時、そういえば適当に拭いただけでしまったのを思い出した…。
過去の自分を激しく後悔しつつ、暑さを凌ぐべく再度扇風機に挑む。
友人にカバーを外して貰って、拭いたり洗ったり…
あー…うん、何とか綺麗になり…まし、た。ちょっと妥協。
そして、現在。
扇風機フル稼働。

そんな今日の一日。
しかし…今からフル稼働なんて、
夏を乗り越えられるんだろうか…。
スポンサーサイト
22:30 * 携帯綴。 * TB(-) * コメント : 0 * Top↑
 ← 瞬間覚えたのは、真逆の体感。HOME繰り返す、記憶と想い。






 
 管理者にだけ表示

HOME
Copyright © 2017 濃紺の雪。, All rights reserved.
  

photo / Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。